CONSEPT コンセプト

開放的な眺望が広がる静かな丘
人・緑が共生する環境と
約29,000㎡のゆとりある敷地

広尾の丘の上に「森の住まい」を

航空写真|広尾ガーデンフォレスト
『広尾ガーデンフォレスト』は、鹿島建設施工、三菱地所設計が設計・監理、三菱地所(三菱地所レジデンス)・三井不動産レジデンシャルが分譲した、8棟からなる総戸数674戸の大規模レジデンスです。都心にありながらも豊富な緑が残され、開放的な眺望が広がる静かな丘に、かつてない集合住宅の極みを目指し、「森の住まい」をコンセプトに建てられました。

都心部中枢部の大規模開発

イメージ画像|広尾ガーデンフォレスト
『広尾ガーデンフォレスト』の敷地は、丘のてっぺんという好立地であるだけでなく、約29,000m²の広大な敷地を有しています。商業一体型を除く住宅開発プロジェクトとしては、隣接する「広尾ガーデンヒルズ」以来の大規模開発となりました。集合住宅開発は、敷地が広ければ広いほど、設計の自由度が広がり、より魅力的なプランニングが可能となります。この広大な敷地により、都心での快適な暮らしが実現されています。
※画像はCG加工したもので実際とは多少異なります。

豊富な緑

敷地内画像|広尾ガーデンフォレスト
広尾の杜に受け継がれてきた豊かな緑を継承し、渋谷区指定天然記念物・指定樹齢約500年の大銀杏など既存樹木の保存・移植や、駐車場の地下化により創出されたオープンスペースの中心にある広大な「センターフォレスト」、また、敷地外周部に設けられたグリーンベルトにより、豊富な緑に包み込まれる住環境が実現されています。
※掲載している画像、素材(テキストを含む)などの情報は、分譲当時、竣工時、または当サイト制作時に作成、撮影したものであり、実際とは異なる場合がございます。
※掲載している画像、素材などの情報の一部には、イメージが含まれており、実際とは異なる場合がございます。